2017年10月17日火曜日

非営利法人ニュース 10月号

公益財団法人公益推進協会様より非営利法人ニュースが届きました。

最新の非営利法人関連情報がまとめられています。
センターにありますのでぜひご覧ください。

いきものにぎわい企業活動コンテスト

いきものにぎわい企業活動コンテストのご案内です。

くわしくはこちらをご覧ください。

シニアセミナー

栃木県保健福祉部高齢対策課様よりシニアセミナーのお知らせが届きました。


<各回共通>
対象:中高年齢者
場所:とちぎ生涯現役シニア応援センターぷらっと
時間:14:00~16:00
定員:20名(先着順)

センターで配布しておりますので、ぜひお手にとってご覧ください。

小山市青少年健全育成大会

小山の子どもをみんなで育てよう―――

第12回小山市青少年健全育成大会のお知らせです。

当日は青少年の主張作文発表会やアトラクションが予定されています。

日時:11月5日(日) 13:30開場 14:00開会
会場:小山市立文化センター 大ホール
入場無料

詳しくはセンターでお配りしているチラシをご覧ください。

まちむら 139

公益財団法人あしたの日本を創る協会様より、自治会町内会情報誌「まち・むら」最新号が届きました。
センターに配架しておりますのでお手にとってご覧ください。

全日本社会貢献団体機構

全日本社会貢献団体機構様より助成事業のお知らせです。

助成事業は全日本社会貢献団体機構の中心事業です。
くわしくはホームページをご覧ください。

きらり館からこんにちは 第77号

野木町ボランティア支援センター様より情報誌「きらり館からこんにちは」の最新号が届いております。

センターに配架していますのでご覧ください。

藤沢市市民活動推進センターより

藤沢市市民活動推進センターよりお便りが届きました。

センターでぜひご覧ください。

2017年10月10日火曜日

みぶりん 10月号

壬生町町民活動支援センター「みぶりん」よりニュースレターの最新号が届いています。

センターに配架していますのでご自由にお持ちください。

とちぎ未来づくり財団の催し物

公益財団法人とちぎ未来づくり財団様より催し物のお知らせです。



センターにあるチラシをご自由にお持ちください。

Her Story 10月号

世界平和女性連合栃木県連合会様より月刊ハーストーリー最新号が届きました。
センターにおいてありますのでぜひご覧ください。

一歩一歩

28年の積みかさね。そして、これからも・・・

NPO法人栃木おやこ劇場様より「一歩一歩」が届いています。

団体の活動内容などがご覧いただけます。
センターにありますのでぜひご覧ください。

自治連おやま

小山市自治連合会様より会報が届いています。

センターにありますのでぜひご覧ください。

2017年10月3日火曜日

conte No.48

福岡県NPO・ボランティアセンター様より情報誌コンテが届きました。

センターにありますのでぜひご覧ください。

伝えるコツを身に付けよう

NPOのための広報スキルアップセミナーのご案内です。

★伝えるコツを身につけよう★
クリエイターによる広報スキルについての解説と団体の広報媒体へのアドバイス
日時:10月12日(木)10:00~16:00
場所:地方職員共済組合栃木県職員会館 ニューみくら
定員:40名
参加費:1500円

くわしくはセンターのチラシをご覧ください。

オカリーナ工房土音イベント

オカリーナ工房 土音(ひじおと)様よりイベントのお知らせです。

★第6回新小山市民病院ふれあい祭りオカリナコンサート★

日時:10月15日(日) 10:00、11:46、14:00
※観覧無料

★中原ひじおとオカリナ教室 第3回定期演奏会★

日時:10月21日(土) 11:30開場 12:00開演
会場:小山市立生涯学習センター
※入場無料

くわしくはセンターのチラシをご覧ください。

未来に残したい街の記憶

結城市民活動支援センター開設5年記念事業のご案内です。

★未来に残したい街の記憶★
日時:10月14日(土) 13:30~16:30
会場:結城市民情報センター 3階多目的ホール
講演会講師:一木努
申込み・問合せ:結城市民活動支援センター 0296-54-7008

Life vol.39

誰もが健康で安全に安心して生きるために―――

認定NPO法人サバイバルネット・ライフ様より機関紙ライフが届きました。
サバイバルネット・ライフには「gooddo」から無料で簡単に寄付することができます。
ぜひ応援してみてください。

くらら vol.144

とちぎ市民活動推進センター情報紙「くらら」の最新号が届きました。

センターにおいてありますのでご自由にお持ちください。

ふらっと通信 No.106

かぬま市民活動広場「ふらっと」様より広報誌「ふらっと通信」最新号が届きました。
センターでご覧になれますのでぜひお越しください。

2017年10月2日月曜日

那須塩原市シニアセンター秋祭り

那須塩原市シニアセンター様より秋祭りのお知らせです。

詳しくはセンターにあるポスターをご覧ください。

とちぎ県民協働推進月間&とちぎ協働推進大会2017

共に手をつなぎ より良い地域づくり―――

11月はとちぎ県民協働推進月間です。

とちぎボランティアNPOセンターぽぽら様よりとちぎ県民協働推進月間ととちぎ協働推進大会2017のお知らせです。


日時:11月30日(月)13:00~17:10
会場:栃木県庁 東館4階講堂ほか

第一部:基調講演 13:20~14:50
第二部:テーマ別分科会 15:00~16:30
第三部:全大会 16:45~17:10

参加無料(事前申込要)です。
壊しくはセンターのチラシをご覧ください。

2017年9月25日月曜日

花王・みんなの森づくり活動助成プログラム

公益財団法人都市緑化機構は、花王株式会社との共催により実施する「2017年 花王・みんなの森づくり活動助成」への募集を8月1日(火)より開始いたしました。

本助成は、次の世代の子どもたちに緑豊かな環境を継承することを目的に、市民による緑を守り育てる活動を支援するものとして2000年から実施しています。

緑や自然との触れ合いは、子どもたちの豊かな心を育み、人々に安らぎを与えてくれます。より良い環境を引き継いでいくためには、緑豊かな環境づくりと、それを育む人づくりの両面、そしてそれらの活動を長期的に続けていくことが大切であると考えます。

◎概要
・対象団体
国内で身近な緑を守り、育てる活動(森づくり活動)に取り組んでいる団体
国内で緑地をフィールドに緑とふれあい、環境保全の心を育む活動(環境教育活動)に取り組んでいる団体

・助成期間
2018年3月~2021年3月までの3年間

・支援内容と団体数
森づくり活動と環境教育活動に要する費用を対象として、 1・2年目各50万円、3年目25万円を上限に助成
15~20 団体を採択予定

・募集期間 2017年8月1日~2017年10月14日 ※当日消印有効

詳しくは、以下のページをご覧下さい。

「花王・みんなの森づくり活動助成 募集・応募概要」
「花王・みんなの森づくり活動助成 応募要項・応募用紙」

「未来会議」で福島の未来を話そう!in大田原

とちぎボランティアネットワーク様よりイベントのお知らせです。

★「未来会議」で福島の未来を話そう!in大田原★
いわき・浜通り各地で開かれている”未来会議”。年代・職業も様々な人たちが100人も集まり、多様な意見を述べ合い”未来”を語り合っています。
「未来会議のこれまでとこれから」について霜村さんにお話いただきます。そして栃木(大田原)でも福島・故郷・自分たちの未来について少しでも対話しましょう。

日時:10月8日(日) 13:30~16:00
場所:大田原市生涯学習センター

くわしくはセンターのチラシをご覧ください。

ここねっと 第44号

「佐野市市民活動センター」様より情報誌「ここねっと」が届きました。
センターにも配架していますので、ご覧ください。

「小中一貫教育」でどうなるこれからの学校

小山市民自治研究会主催の講演会のご案内です。
小山市では2017年度から「小山市型小中一貫教育」が推進されています。絹地区では3つの小学校と1つの中学校を統合した絹義務教育学校が設立され、豊田地区では2021年の開校目指して整備が進められています。他の中学校区においても「併設型小学校・中学校」への移行等も含めて学校制度や学校運営体制の在り方について検討していくとされています。
「小中一貫教育」については、子どもの成長・発達の視点や公共施設等総合管理計画での学校統廃合という面からの問題点も指摘されており、小中一貫教育の推進でこれからの学校がどうなるかを考えます。

日時:10月15日(日)13:30~16:00
講師:山本由美氏(和光大学教授)
場所:小山市市民活動センター「おやま~る」研修室
資料代:500円

申込み:小山市民自治研究会
    09079096740(山口)

はぎれをリメイク! サシェづくり

ご自宅に眠っている布たちを、
おしゃれで可愛いサシェ(香り袋)に
変身させちゃいましょう

日時:9月25日(月)~29日(金) 10:00~16:00
場所:とちぎ福祉プラザ1階 ボランティアルーム
内容:ご家庭にある捨てられない「はぎれ」を使い、ドライハーブ(ラベンダー)入りのサシェを作ります。
持ち物:ご家庭にある「はぎれ」(素材は綿などの薄手のものが作りやすいです)
※こちらでも用意しておりますが出来るだけご持参ください。
参加費:100円(ドライハーブ代)
※お申込不要

お問い合わせ先
 とちぎ福祉プラザ ボランティアルーム
 (栃木県ボランティア活動振興センター)
http://www.tochigikenshakyo.jp/
 〒320-8508宇都宮市若草1-10-6 とちぎ福祉プラザ1階

2017年9月20日水曜日

まちぴあ 秋号

宇都宮市のまちづくり情報紙「まちぴあ」秋号が届きました。

センターに配架してありますのでご興味のある方はぜひお手にとってご覧ください。

JT NPO助成事業 ~地域コミュニティの再生と活性化にむけて~

日本たばこ産業株式会社様よりNPO助成事業(地域コミュニティの再生と活性化にむけて)の募集案内が届きました。

助成対象例:1.被災地域コミュニティの復旧・復興をテーマとした事業 等
      2.その他 地域の課題を解決する事業 等
      詳細はこちら

募集期間:2017年9月30日~11月10日(必着)

応募書類:下記ウェブサイトからダウンロードしてください。
     http://www.jti.co.jp/csr/contribution/social/npo/entry/index.html

募集要項:当館内にも掲架してあります。

磐梯ふれあい体験塾2018

一般社団法人子ども未来塾様より「磐梯ふれあい体験塾2018」のお知らせです。

★磐梯ふれあい体験塾2018★
開催日時:平成29年1月6日(土)~8日(月)
場所:国立磐梯青少年交流の家
対象:小3~中3
定員:40名
参加費:15000円
締切:10月31日(火)
参加者説明会:11月19日(日)小山市市民活動センター

くわしくはセンターにあるポスターをご覧ください。

第17回小山インターナショナルフェスティバル

小山市国際交流協会より第17回小山インターナショナルフェスティバル2017のお知らせです。

日時:10月22日(日) 11:00~16:00
会場:小山市桑市民交流センター「マルベリー館」
入場無料

民族衣装や着物を持っている人は、ぜひ着てきてください!

第8回小山そよかぜ感謝祭

第8回小山そよかぜ感謝祭のご案内です。

小山そよかぜとは…
さまざまな要因により精神障害者になり、心に病を抱えている人達に生活支援、作業訓練等を通して社会復帰に向けての自立支援事業を行っている団体です。

日時: 10月28日(土) 10:00~14:00
場所: 小山そよかぜ(旧本郷町公民館)

[お問合せ]
特定非営利活動法人 小山そよかぜ
小山市本郷町2-8-21
感謝祭本部 0285-30-5510


詳しい内容が知りたい方はセンターにチラシを自由配布していますのでご覧ください!

2017年9月18日月曜日

第九演奏会

公益財団法人とちぎ未来づくり財団様より催し物のお知らせです。

センターにあるチラシをご自由にお持ちください。

JICAボランティア2017年度秋募集「体験談&説明会」

JICAボランティアへの応募を考えている方、「JICAの国際協力ってなんだろう?」と興味のある方、どなたも大歓迎!皆様の参加をお待ちしております。

<栃木県>
■小山
 日時:10月 7日(土) 14時00分~16時00分 
 場所:小山商工会議所 3階 小会議室
■宇都宮   
 日時:10月21日(土) 14時00分 ~ 16時00分 
 場所:とちぎ国際交流センター 2階多目的ホール

くわしくはセンターにあるチラシかこちらをご覧ください。

きらり館からこんにちは 第76号

野木町ボランティア支援センター様より情報誌「きらり館からこんにちは」の最新号が届いております。
センターに配架していますのでご覧ください。

知っておきたいNPOのこと 事業評価編

日本NPOセンター様より「知っておきたいNPOのこと 事業評価編」のご案内です。

■評価をNPOの力にするために

事業評価って、なぜするのでしょう?
「そういう時代だから」という人もいます。いやいや、評価に限らず、こころから納得する意味が見いだせないと、そこに時間と労力をかけるのはむずかしいもの。日々次から次へと現れる業務の山と向き合っているNPOが、貴重な時間を使って事業評価をする意味は、本当にあるのでしょうか?

『知っておきたいNPOのこと 事業評価編』の目的は、評価をNPOの力にするための第一歩をどう踏み出すか、皆さんと一緒に考えること。まずは「事業評価って、なに?」という基本的な問いに向き合い、なぜ評価をするのか、どういう考えが評価の底流に流れているのか、評価の基本の枠組みはどういうものなのかを解説します。もちろん、ここに書かれていることが、すべて正解とは限りません。このブックレットは、NPOや学究の現場にいる執筆者ひとりひとりが「事業評価って、なに?」を真剣に考えたうえでお見せするひとつの評価の姿です。

皆さんはどう考えるでしょうか? ぜひ仲間や支援者、事業パートナーたちと議論する際の材料にしてみてください。事業評価に限らず、まずは知り、実践し、考える過程で、それが持つ力と限界が見えてくるはず。皆さんが評価を考えるスタート地点に、このブックレットを置いてみてください。

くわしくはこちらをご覧ください。

地球環境基金便り 第43号

独立行政法人環境再生保全機構様より「地球環境基金便り」が届いています。
センターにある冊子をぜひご覧ください。

足利風 10月号

足利市民活動センター様より広報誌「足利風」の最新号が届きました。

館内にありますのでぜひご覧ください。

2017年9月14日木曜日

あす15日の実行委(第3回)を前に、これまでの「企画会議」の経緯を

あすの実行委員会(第3回)では、どうぞよろしくお願いします。

あすは、夜7時から開始ですが、事前の会合を夕方5時から、利用者協議会を兼ねて行います。
ご参加自由ですので、よろしければご一緒ください。
また、夜7時からの実行委員会には、まつり当日に参加する団体の方は極力ご参加を求めています。
従いまして、ぜひ皆さんの立場からも、あらためて近しい団体をお誘いいただければ、と思います。(私たち職員も、一本釣りを含め、いろいろとあたっているところです)

さて、先週の「企画・会場部会」の話し合いについて、僕が中に入れた後半を中心に、決まったことや話し合った内容を、3回に分け、順次お伝えします。

それでは以下が、最初の会合(9月7日(木)ぶん)の記録です。

★  ★  ★

今回のまつりで導入したい、とした「分野別(テーマ別)の集約展示」という基本アイデアを元に、議論を膨らませていきました。

中央にシンボル的な展示モニュメントを置き、さらに研修室1、2を合わせたいつもの空間を、(昨年の分野別ではなく)テーマ別の展示にしよう、との点が確認されました。
そのうえで、ゾーンを分ける、それらテーマ(仮)について、次のようなアイデアが生まれました。

1「やさしい社会」  介護や困窮世帯へのケアなどの事業や啓発運動
2「ただしい食」   食をシンボルとした生活全般への事業や啓発運動
3「世代をつなぐ(※)」 子育て支援や多世代連携の活動事業や啓発運動
4「変えていく未来」 地域づくりや立場間の協同を目指す事業や啓発運動

※=明日への希望、の仮テーマから、趣旨を踏まえて変わりました。

こういったテーマ(仮)を元にしたゾーン割りをし、それぞれの展示や体験コーナー、相談コーナーの設置を図ります。

また、期間を通じて声と音による会場の一体感の形成を意図して、ラジオ放送ごっこをしよう、ということになりました。
これは、団体のおしゃべり好きの方やボランティアに入る高校生、大学生たちが、あたかも番組のようにコーナーを仕立てて、会場内の案内やまつりの内外の様子を「放送」しよう、というもので、館内の案内放送を兼ねます。
ただし、館内の放送設備をそのまま使うことはできないので、逆に本当にマイクロFM放送を行い、ラジカセ等を配置することで、音と声とを行き渡らせたい、と思います。(昨年、成就しなかった方法論が、団体の側から再び浮かび上がりました)

なお、上記が「テーマ(仮)」となっているのは、あと1〜2回、話し合いを持って詰めていこう、としているからです。

そのうえで、次回の実行委員会で提示していけるよう、もう少し細かな点も含めて、固めることができる点は固め、話し合うべき事柄は、そのようにまとめなおして議論に供する、ということを、準備していただきたいと思います。

2017年9月12日火曜日

おるた通信、不登校無料相談会

小山フリースクールおるたの家より不登校無料相談会とおるた通信のご案内です。


★不登校無料相談会★

フリースクールに入るかどうかに関わらず不登校に関するご相談などなんでもお持ちよりください。

日時:9月30日(土)14時~17時
※上記時間内でご都合のいい時間にお越しください。
 場所:小山市市民活動センター(小山市城山町3-7-5)

いずれも事前の連絡は不要ですが、お問い合わせはこちらのページ、または下記のメールアドレスか電話番号にどうぞ。

小山フリースクールおるたの家
 稲葉祐一朗
 電話 080-7960-0178
メール orutaoyama@gmail.com

またおるた通信第6号もセンターでお配りしております。
どうぞご覧ください。

ナルク 232号 たんぽぽ通信 9月号

ナルク小山様より機関紙ナルクとたんぽぽ通信最新号が届きました。

センターに配架しておりますのでお手にとってご覧ください。

京都市市民活動総合センター

京都市市民活動総合センター様から情報誌等が届きました。

センターのラックにありますので、ご覧ください。

ニュースフラッシュ vol.23

一般財団法人メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパン様より会報誌が届いています。

活動についてはこちらをご覧ください。

2018年度助成・申請者のためのガイド

公益財団法人 大阪コミュニティ財団より助成金公募の案内が届いています。

大阪コミュニティ財団は、1991年11月に設立されて以来、一般市民や企業・団体からの「志」のこもったご寄付を、名前を付けた基金のかたちでお受けし、そのお志に沿った活動を行っておられる団体等に助成してまいりました。その件数は、これまでに、2,591件を数え、累計の助成額は13億1,338万円に上っています。
このたび、大阪コミュ二ティ財団に設置されている基金のうち、2018年度助成(2018年4月支給)を公募する基金と金額が決定し、募集を開始することになりました。助成をご希望の方は、本ガイドを参照のうえ、申請をお願いいたします。
いろいろな分野で、社会貢献活動に真摯に取り組んでおられる皆様からの多数の応募をお待ちしております。

詳細はウェブサイトをご覧ください。

藤沢市市民活動推進センターより

藤沢市市民活動推進センターよりお便りが届きました。



センターでぜひご覧ください。